2007年12月06日

VSTのGUI

新しく作っているVSTのオシレータ部とエンベロープ部のみの画像ができました。
Reasonを参考にしてラックデザインにし、フィルタやエフェクターなどを増設したバージョンも作っていく予定です。

Jizai00.jpg

VST用のC++の記憶もだいぶ戻ってきて、そろそろコードを作成しようかと思っているのですが、他の作品も作り始めてしまった為になかなか進んでいません。。。


二兎追う者は一兎も得ず


いやぁ。。。昔の人はウマいこと言ったもんだ。。。
posted by Bumpyうるし at 01:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集
この記事へのコメント
お世話になってまっすharunacuteです

VST作りなんて高度な事をされててさらに惚れましたww

新しいののGUIつまみの多さに圧倒
詳しくはないですけどよく見るシンセとは
かなりパラメータが違う??
8つの倍音・・・先生わかりませんww
Posted by はるきゅー at 2008年02月27日 09:10
>はるきゅーさん
いらっしゃいませ〜♪
こっちでは久々のお客様ですねw

世の中にはいろいろな音がありますよね。
あれって全て正弦波の倍音の合成でできてるんです。
例えば、アナログシンセの基本波形なんかは正弦波の整数倍音のみで合成されています。
(2倍は1オクターブ上で、1/2倍は1オクターブ下になります)
http://bumpy-urushi.sblo.jp/article/7266334.html

一般のアナログシンセはノコギリ波だとか、矩形波なんかがオシレータに用意されていますが、このシンセはその部分から作れる仕組みになってます。
したがって、音作りがかなり自由な反面、とても大変なんです。
だからノブがズラ〜っと並んでるのですw
Posted by Bumpyうるし at 2008年02月27日 18:55
ぉぉぉ知らなかったデス<正弦波の倍音でできてる

良く見ればOSCってオシレータだけで
こんなに画面を取っているなんてww
かなーり自由自在〜
まさにJIZAIわけですね♪

それにしてもかっくぃぃブログ・・
Posted by はるきゅー at 2008年02月28日 09:44
>はるきゅーさん
そうなんです〜
原理的には正弦波さえあればどんな音でも作れることになりますw
もの凄い数が必要ですがw

昔、Kawaiがコレに挑戦したシンセを出したような記憶が。。。

ただ、現実的ではないですよねぇ。。。
音を作るのが大変でウケないだろうな〜と思っております。
それよりも、かわいいキャラが動きまわるようなシンセ作った方がウケそうですw

てか、作っちゃおうかな〜と考えてますw

ディレイラマの様なアニメーションするGUIにアイドル声のフォルマントを乗せたら面白そうかなと。。。
ただ、フォルマントの解析をしないといけないので、データ取りに時間がかかりそうですが。。。
でも不可能ではないハズ!

JIZAIはどうするんだ!ってカンジですよねw

>それにしてもかっくぃぃブログ・・
恐縮です。。。
自分のメモ用のブログなので、調べた事を羅列しているだけで、見づらいと思いますが、自分には役に立つんですよ〜
他の方のお役に立てれば幸いです!
Posted by Bumpyうるし at 2008年02月29日 02:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8137780

この記事へのトラックバック