2007年12月06日

VSTのGUI

新しく作っているVSTのオシレータ部とエンベロープ部のみの画像ができました。
Reasonを参考にしてラックデザインにし、フィルタやエフェクターなどを増設したバージョンも作っていく予定です。

Jizai00.jpg

VST用のC++の記憶もだいぶ戻ってきて、そろそろコードを作成しようかと思っているのですが、他の作品も作り始めてしまった為になかなか進んでいません。。。


二兎追う者は一兎も得ず


いやぁ。。。昔の人はウマいこと言ったもんだ。。。
posted by Bumpyうるし at 01:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2007年11月27日

久々のVSTi作り〜

と言っても、ほとんどVSTi用のC++を忘れてしまいました。。。弱
こんな時に自分用にVSTi辞書を残しておいて良かった、良かった〜

未だにVSTiのSDKはバージョンアップしてなさそうなので、そのまま使用できてこれまた良かった、良かった〜


今回作ろうかと思っているのは、原点に戻り「8つの倍音正弦波を合成して1つのオシレータ波形を形成するシンセ」を作ろうかと考えています。
今まで作ったVSTiは倍音だけでなくピッチをずらした音も合成できたけど、これはノイズになってしまう欠点もある為、今回は「倍音のみ」としました。
オシレータは3基を予定しているので、合成する正弦波数は24になります。
これに、ノイズ専用オシレータ(?)を加えて減算処理(フィルタなど)をしようかと。。。

いろいろと実験をした結果、8つの正弦波で作れる波形は以下のとおりです。

■ 正弦波 Sine
sine.gif

y=sin(2πx/T)
1倍の正弦波のみで作成。
形は全く問題なし。

■ 鋸歯状波 SawTooth
sawtooth.gif

y=sin(2kπx/T)/k (k=1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8)
1〜8倍の正弦波のみで作成。
本来は無限倍まで合成させるので、形はやや問題あり。。。

■ 矩形波 Square
square.gif

y=sin(2kπx/T)/k (k=1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15)
奇数倍の正弦波、1〜15倍のみで作成。
こちらも無限倍まで合成させるので、形はやや問題あり。。。
でも、意外とこの波形は気に入っているのだ〜

■ 三角波 Triangle
triangle.gif

y=sin(2kπx/T)/(k*k) (k=1, 5, 9, 13)
y=-sin(2kπx/T)/(k*k) (k=3, 7, 11, 15)

奇数倍の正弦波だが、その値により正負が逆転する。
実は、これに気付くのにものすごく時間がかかった。。。
まさか正負が逆転するなんて思わないよなぁ。。。

フリーの優秀なFFTアナライザーのおかげで、やっと導き出すことが出来ました。。。ありがたや、ありがたや〜

efu's page

これも1〜15倍の奇数倍正弦波のみで作成しましたが、その割に美しい形をしていますね!


以上より、8種類の倍音正弦波を使用して様々な波形を作成できることが解ります。
今までは、Waveテーブル(出来上がった波形)を使用していましたが、今回は全てリアルタイムに波形を形成させる予定です。
これにより、Waveテーブルの問題である低域と高域でのノイズが生じない利点と、上記4種類の基本波形以外の複雑な波形を基波形として作り出すことができるわけです。
で、作成された3つの基波形を更に合成させます。

考えただけでもどんな音がするのかワクワクしますが、これでショボかったらショックですなぁ。。。


でも、更にオリジナル(?)アイデアも考えてあります。
それは、「波形を歪ませる」というアイデアなんですが、たった1つの正弦波を歪ませるだけで、自動的に倍音が増えてしまうというわけなんです。
何十個も倍音を合成しなくても良い利点はありますが、当然歪ませた為のノイズも含まれてしまいます。

Sine2.gifノーマルの正弦波

Sine3.gif少し歪ませた正弦波

以上より、周波数成分のグラフでケバケバが増えたのが解ります。
ケバケバの部分が倍音です。


これらの波形を使ったVSTiを作っていこうと思っているのですが、果たして無事完成するかどうか。。。謎
posted by Bumpyうるし at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年03月23日

坊主 ver1.00

フォルマント・シンセサイザー「坊主」完成!

坊主100

Name:BOUZU ver1.00
Developer:Bumpy Factory
Type:Formant Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。



母音(VOWEL)をシミュレートしたフォルマント・シンセサイザー。
モジュレーションホイールにより母音を変化させられる。
また、鼻音(NASAL)もシミュレートしており、これにより口の開閉を表現できる。
オシレータは3基で5種類の波形より選択可能。
フォルマント用に倍音の多く含まれた波形が用意されている。
当然、フォルマントの共鳴(RESO)を下げればシンセ音も出すことができる。
プリセット音色は16種類で「Preset Bank.fxb」バンクファイルを読み込む。

■ 壱 OSCILLATOR1
FORM ノコギリ波、パルス波、ノイズ、Wノコギリ波、Wパルス波の5種類
DETUNE チューニングを微調整
LEVEL 出力レベル

■ 弐 OSCILLATOR2
壱と同じ

■ 参 OSCILLATOR3
壱と同じ

■ 声 FORMANT
VOWEL I→E→A→O→Uと連続的に変化
F1 第1フォルマント
F2 第2フォルマント
NASAL 口の開閉を表現する鼻音
RESO フォルマントの強さ

■ 振 MODULATION
FORM サイン波、ノコギリ波、パルス波、三角波、ノイズの5種類
FREQ リングモジュレーションの周波数
LEVEL リングモジュレーションの出力レベル

■ 唱 CHORUS
STEREO 三部コーラスのステレオ
DETUNE 三部コーラスのデチューン
LEVEL 三部コーラスの出力レベル

■ 能 FUNCTION
BENDER ピッチベンダーのレンジ
PORTA ポルタメントタイム
POLY ポリフォニック数

■ 調 AMPLIFIER
ATTACK 立ち上がり時間
DECAY 減衰時間
SUSTAIN 持続レベル
RELEASE ノートオフ残其時間
MASTER マスター出力レベル

■ コントロールチェンジナンバー
69:壱 DETUNE
70:弐 DETUNE
71:参 DETUNE

72:壱 LEVEL
73:弐 LEVEL
74:参 LEVEL

01:声 VOWEL(モジュレーションホイール)
75:声 F1
76:声 F2
77:声 NASAL
78:声 RESO

79:振 FREQ
80:振 LEVEL

81:唱 STEREO
82:唱 DETUNE
83:唱 LEVEL

05:能 PORTA

84:調 ATTACK
85:調 DECAY
86:調 SUSTAIN
87:調 RELEASE
07:調 MASTER

■ テクニック
オシレータの「Wノコギリ波」や「Wパルス波」は、普通のノコギリ波やパルス波に低倍音を加えたもので、実際はノコギリやパルスの形をしているわけではない。
VOWEL」を動かすと「F1」「F2」が連動するが、「F1」「F2」を単体で動かすことも可能。母音の発声はこの「F1」「F2」により決定される(詳しくは「フォルマント」参照)。
NASAL」は鼻音を表現しているが、逆パラメータとなっている。したがって、右いっぱいに回すと「NASAL」効果が弱まり(開口)、左いっぱいに回すと「NASAL」効果が其まる(閉口)。
RESO」はフィルターのレゾナンス(共鳴)と同じで、フォルマントフィルターの共鳴を意味する。右いっぱいに回すと共鳴が大きくなるが、音が割れることがあるので注意(一応、自動レベル修正をしている)。
posted by Bumpyうるし at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年03月17日

無限 ver1.02

無限102

Name:MUGEN ver1.02
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Wave Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。

「BENDER」を「FUNCTION」の中に入れ、新たにポルタメントとポリフォニック数を導入。

■ FUNCTION
PORTA ポルタメントのON、OFF
TIME ポルタメントタイム
BENDER ピッチベンダーのレンジ
POLY ポリフォニック数
MASTER マスターボリューム
posted by Bumpyうるし at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年03月12日

無限 ver1.01

無限101

Name:MUGEN ver1.01
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Wave Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。

フィルターのプログラムを更新。
フィルターの効きがよくなり、「LOW」を強調する必要がなくなったので廃止。
換わりにレゾナンスの「RESO」を新設。
posted by Bumpyうるし at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年03月11日

新VST「無限」完成!

無限100

Name:MUGEN ver1.00
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Wave Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。



前作「玉砂利」をパワーアップさせたシンセで、今回はサイン波だけではなくノコギリ波、パルス波、三角波、ノイズを組み合わせて音作りができる。
また、オシレータのパラメータにデチューンとレベルを導入。
デチューンにより更に厚みのあるユニゾンが作り出せる。
エフェクトとして、オーバードライブを追加。
各パラメータをイジるとモニターに数値とコントロールチェンジNoが表示される。
また、ノブコントローラは「0(最小値)」「64(センター)」「127(最大値)」で黄色に光り、他は緑色に光る。
プリセット音色は16種類で「Preset Bank.fxb」バンクファイルを読み込む。

■ OSCILLATOR
PITCH ピッチを変調
DETUNE チューニングを微調整
LEVEL 出力レベル
FORM サイン波、ノコギリ波、パルス波、三角波、ノイズの5種類

■ UNISON
TUNE ユニゾンのチューニングを調整
DETUNE ユニゾンのチューニングを微調整
LEVEL ユニゾンの出力レベル

■ MODULATION
FREQ リングモジュレーションの周波数
LEVEL リングモジュレーションの出力レベル

■ OVERDRIVE
GAIN オーバードライブの強さ
LEVEL オーバードライブの出力レベル

■ FILTER
FREQ ローパスフィルターの周波数
LOW ローパスフィルターの低音強調
LEVEL ローパスフィルターの出力レベル

■ AMPLIFIER
ATTACK 立ち上がり時間
DECAY 減衰時間
SUSTAIN 持続レベル
RELEASE ノートオフ残響時間
LEVEL マスター出力レベル

■ BENDER
RANGE ピッチベンダーのレンジ

■ MONITOR
VALUE 選択パラメータの値
CC NUMBER 選択パラメータのコントロールチェンジナンバー
OUTPUT 出力モニター
posted by Bumpyうるし at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年03月03日

玉砂利 ver1.22

フィルターをかけた時のプチプチ音の除去。
また、メモリーの大幅節約に成功。

デモ


玉砂利120
※ 画像はver1.20

Name:Tamajari
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年02月27日

玉砂利 ver1.21

今度のバージョンはMIDIのコントロールチェンジ(CC)対応版。
また、オマケにEdirolのPCR-30シリーズ用のアサインセットを添付。

CCナンバーとパラメータは以下の通り。
 69:OSC1
 70:OSC2
 71:OSC3
 72:OSC4
 73:OSC5
 74:OSC6
 75:OSC7
 76:OSC8
 77:Unison Tune
 78:Unison Detune
 79:Unison Gain
 80:Blender Freq
 81:Blender Gain
 82:Filter Freq
 83:Filter Low
 84:Filter Gain
 85:Amplifier Attack
 86:Amplifier Decay
 87:Amplifier Sustain
 88:Amplifier Release

(69〜84がPCR-30にアサインされている)

また、フィルターとプリセット音色のサンプルを作成。
元ネタは2chから拾われたMIDIを又借り。
使用しているのはプリセットの「Simple Synth 1」。
また、Cubase LEに付属のディレイを使用。



フィルターの低周波数域でプチプチ言っているのは原因不明。
フィルターのプログラムに問題があると思われる。

玉砂利120
※ 画像はver1.20

Name:Tamajari
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 20:11| Comment(0) | TrackBack(2) | ■ 開発中VST集

2006年02月26日

玉砂利 ver1.20

新しい機能を追加し、バグを修正。
 ユニゾンを追加
 フィルターに低音強調を追加
 GUI画像を更新
 キーを押したままにすると音がズレるバグを修正
 音質の向上(16倍アップ)
 ホストに表示される関係ないプログラム名を削除
 使えないプリセットを16音収録


玉砂利120

Name:Tamajari
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

プリセット音色は、「バンク読み込み」で「Preset Bank.fxb」を読み込む。

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年02月25日

玉砂利 ver1.11

モノフォニックだったのを、16ポリフォニックにバージョンアップ。
ただし、パラメータ「放」を全開にしてアルペジオを弾くとメモリー大量消費するので注意!

玉砂利110
※ 画像はver1.10

Name:Tamajari
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年02月24日

玉砂利 ver1.10

一応パラメータは全部そろって完成。
あとは微調整。

玉砂利110

Name:Tamajari
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

オシレータは1〜16倍までの倍音調整。
ブレンダーは13.75Hz〜14080Hzまでの周波数でリングモジュレーションをかける。
フィルターは220Hz〜7040Hzまでの周波数でローパスフィルターをかける。

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年02月22日

玉砂利

前作の「ASS-1」にGUIを付けた。
内容は同じだが、「玉砂利」と改名。

なぜ「玉砂利」かというと、サイン波の丸い音のイメージや、ひとつだけでは成り立たず、数が集まって構成されているという点から玉砂利と命名した。
要は、和名が付けたかっただけという話もある。

GUIのプログラムにかなり手間取ったが、何とか付けることができた。
当初予定していた、丸いノブコントロールは最後まで解らず、スライダーコントロールのみとなっている。
教えていただける方募集中。

玉砂利

Name:Tamajari
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年02月17日

ASS-1のバージョンアップ

初オリジナルVSTの「ASS-1」(「初オリジナルVST完成!」参照)を若干改良した。

改良点は、
 キーを離すと音が途切れるを改善
 ブツッと音が途切れるを改善

また、新機能として、
 エンベロープを導入

エンベロープのアタック、デッケイ、サスティン、リリースをイジれるようにした。
デチューンの擬似コーラス機能はパラメータが増えすぎるので外した。
なお、GUI(グラフィック)を使用していないため、SONARではパラメータが全て表示されなかった(10コまでなのかも)。
画像は、オーディオIFのオマケに付いてたCubase LE。

ASS-1

Name:ASS-1
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。
posted by Bumpyうるし at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集

2006年02月11日

初オリジナルVST完成!

といっても、かなりヘボい。

このシンセは正弦波のみを使用し、加算方式を採用しているモノフォニックシンセ。
オシレータは8基で、それぞれ正弦波を出力しているのだが、基本波形の倍数部分をイジれるようになっている。
要は、任意の倍数波形を8コ作り合成するという簡単なシンセだ。

それだけではつまらないので、L-Rでデチューンをかけている。
これにより、擬似コーラスがかけられる。

機種名は「ASS-1」で「Add Sine Synthetic(加算正弦波合成)」の略。
ダウンロードしてもあまり使い道は無さそうなの上、以下のような問題点があるので注意が必要だ。
 パラメータの値が意味不明
 モノフォニックである
 音がヘボい
 ブツッと音が途切れる
 キーを離すと音が途切れる
 見た目がヘボい
 音色が貧弱
 すぐに飽きる


ASS-1

Name:ASS-1
Developer:Bumpy Factory
Type:Add Sine Synthesizer
Cost:Free

こちらから入手できる。

なお、苦情は一切受け付けない。
posted by Bumpyうるし at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 開発中VST集